Home > MBA > PERT。

PERT。

  • Posted by: doctor-m
  • 2007年5月 4日 13:19
  • MBA

先日の「オペレーションズ・マネジメント」のときに習った、スケジュールの立て方を復習。

PERT」と呼ばれるそれは、1958年に米海軍が艦船用ミサイル「ポラリス」を建造する際に開発された手法である。

実際に必要な作業時間は、以下のような式で求めることができる。

------------------------------------------------
●作業の推定時間:t=(a+4m+b)/6

楽観的推定時間(the most optimistic time):a
妥当推定時間(the most likely time):m
悲観的推定時間(the most pessimistic time):b
------------------------------------------------

なんだか分かりにくいので、具体的な例を挙げる。

とあるサイトのトップページのデザインを制作することになった。一般には7日間くらい欲しいが、5日であがれば嬉しいし、10日かかってしまったら、ちょっとまずい。なんて時には以下のような計算式になる。

t=(5+4*7+10)/6
=(5+28+10)/6
=43/6
≒7.17

この場合には、7日とちょっとあれば、作業ができるであろうと推定することができるのである。



Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mklabo.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/143
Listed below are links to weblogs that reference
PERT。 from mの研究室

Home > MBA > PERT。

Search
Feeds
Bookmarks
BOOK LOG

Return to page top