Home > MBA > アクティビティ・ベースト・マネジメント(ABM)。

アクティビティ・ベースト・マネジメント(ABM)。

  • Posted by: doctor-m
  • 2007年7月24日 18:48
  • MBA

アクティビティ・ベースト・マネジメントとは、活動基準で経営を管理していく手法で、これまで見えなかったコストを可視化し、無駄を省いて経営を改善するしくみのことをいう。

具体的な例を見てみよう。


【例】
営業会議1回にかかるコストを計算する。条件は以下のとおり。
<条件>
参加者:課長(1人)、主任(1人)、課員(3人)
時給:課長\12,000、主任\6,000、課員\3,000

<アクティビティ>
●会議資料の作成:主任(5時間)
●会議資料のチェック:課長(30分)
●会議室への移動:全員(5分)
●会議:全員(2時間)
●会議室からの移動:全員(5分)
●議事録の作成:主任(30分)
●議事録のチェック:課長(10分)


これらを計算すると以下のようになる。
●会議資料の作成:\6,000×5h=\30,000
●会議資料のチェック:\12,000×1/2=\6,000
●会議室への移動:(\12,000+\6,000+\3,000×3)×1/12=\2,250
●会議:(\12,000+\6,000+\3,000×3)×2=\54,000
●会議室からの移動:(\12,000+\6,000+\3,000×3)×1/12=\2,250
●議事録の作成:\6,000×1/2=\3,000
●議事録のチェック:\12,000×1/6=\2,000

合計すると\99,500。

一回の会議を行うのに、約10万円もかかっていることになる。
このように可視化することで、削減ポイントも明らかになる。たとえば、会議資料の作成を主任1人に任せるよりも課員3人に分配したり、物理的に会議を1時間で終わらせるための方策を考えるなどが挙げられる。



Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mklabo.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/213
Listed below are links to weblogs that reference
アクティビティ・ベースト・マネジメント(ABM)。 from mの研究室

Home > MBA > アクティビティ・ベースト・マネジメント(ABM)。

Search
Feeds
Bookmarks
BOOK LOG

Return to page top