Home > 日記 > どぶろく。

どぶろく。

  • Posted by: doctor-m
  • 2007年9月 7日 23:19
  • 日記

ようやく一週間の最終日だ。
奈良県の味噌屋さんから「どぶろく」をもらったとおっしゃったクライアントのT氏邸にお呼ばれされ、そのどぶろくをごちそうになりに行った。

いわゆる「家飲み」であるため、酒の"あて"にする食材を目黒駅アトレのスーパーで購入。普段から料理をよくやっているT氏と先輩N氏がいるので、料理をまったくやらない僕でも心配ご無用。食べたい食材だけ言って、すべて任せておけばいいのだ。本来であれば一番若い僕が色々やらなければいけないことは分かっているが、できないものはできないのだ。甘えられるうちは甘えておく。

そのスーパーで購入した食材は
・本マグロ(刺身用)
・いわしくじら(刺身用)
・ひらめ(刺身用)
・ひらまさ(刺身用)
・国産牛カルビ(焼肉用)
・レタス(サラダ用)
・パプリカ(黄色、サラダ用:かなりきれいだった~!)
・コールスロー(出来合い)
・筑前煮(出来合い:N氏のふるさと福岡の食べ物だ。通称「がめ煮」)

とても男3人でチョイスしたとは思えない、バランスの良さ。野菜が入っているのがすばらしい。
タクシーでT氏邸に向かい、さっそく刺身を切り出す。刺身が仕上がったところでまずはビールで乾杯。

刺身はスーパーで買った割りに想像以上においしくて、とくに初めて食した「いわしくじら」がおいしかった。
続いてサラダを食べようと、水につけておいたレタスとパプリカを皿に盛り、トマトを載せてできあがり。くるみをくだいたものを上から振りかけたり、温泉たまごを乗せたりと、かなり本格的なサラダができた。
何もできない僕はビールを呷って待つばかりなり。
# 使えなくてすみません...。

▼サラダを作っている2人
T氏とN氏

本日のメインイベンター「どぶろく」が登場したのはその頃だったか、微発砲のそれは非常に口当たりがよく、調子に乗って飲みまくったら一気に酔っ払ってしまいそうなくらいおいしい酒だった。

「シン・シティ」という映画がおもしろいよと、T氏シアター(5.1chアンプとプロジェクターのフル装備)で観賞開始。しかしながらくだらない仕事が入り、映画も途中においとますることに...。




関連エントリー

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mklabo.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/255
Listed below are links to weblogs that reference
どぶろく。 from mの研究室

Home > 日記 > どぶろく。

Search
Feeds
Bookmarks
BOOK LOG

Return to page top