Home > 読書 > 『4teen』

『4teen』

  • Posted by: doctor-m
  • 2009年5月 3日 10:27
  • 読書

久しぶりに勉強に関係ない本を読んだ。
「俺って、本を読むのこんなに速かったっけ!?」って思えるくらいサクサクと読めてしまった。要はいつも読んでる本は僕のキャパシティを超えているということなんだな。
修士論文のテーマもあいまいであるため、通常の本を読んでいる場合ではないことはわかっているのであるが、気分転換だ。(と、言い聞かせる)


読んだ本は、石田衣良さんが書いた『4teen』という本だ。石田衣良さんの作品は『池袋ウエストゲートパーク (文春文庫)
』以来好きで、今回も本屋さんで平積みされていたから買ったという流れだ。
知らず知らずのうちに、「なんで石田衣良さんの本が好きなのか」を考えながら読んでいた。たぶん以下の2つの理由だろう。

  1. 舞台が中学・高校のころであるため、ノスタルジックな気分になれる。
  2. 状況描写がとても細やかで、本の舞台にすっと入ることができる。


今回読んだ作品は中学生(14歳)が主人公になっていて、自分の14歳と照らし合わせながら読むことができた。しかし、携帯電話が出てきたり、聖路加タワーが出てきたりと、僕が14歳のときよりうんと時代が今っぽい設定になっていた。だからこそ今の歳で読んでもすんなりと舞台に入ることができるのだろう。

ノスタルジーな気分になりたい方はぜひどうぞ。
よく見たら、直木賞受賞作品だそうだ。



関連エントリー

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mklabo.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/932
Listed below are links to weblogs that reference
『4teen』 from mの研究室

Home > 読書 > 『4teen』

Search
Feeds
Bookmarks
BOOK LOG

Return to page top