Home > 外食 > | 日記 > konaフェスタ 2010。

konaフェスタ 2010。

  • Posted by: doctor-m
  • 2010年10月 2日 23:32
  • 外食 | 日記

昭和記念公園
konaフェスタ2010
クライアントの日清製粉グループ本社さんが年に1回開催する小麦粉に関するイベントだ。2008年から始まったこのイベント、昨年はインフルエンザの流行によって開催自粛になってしまい、今年で2回目の開催。
イベントが開催される立川(昭和記念公園)周辺の天気予報はあまりよくない予報だったのだが、好天に恵まれとても気持ちがいい。

初開催の際にも見学に行ったのだが、食べたいものがすべてが売り切れで何も楽しめなかった。今回はその点も解消されていたようだ。
(しかしながら、ピザなんかは500枚/日程度が限界だそうだ。ピザ生地を大量に保存しておくことが難しいらしい。)

しゃりん
今回の目玉は「六厘舎」。
先日、店前に行列ができすぎてしまい、近隣に迷惑をかけてしまうからという理由でお店を畳んでしまったというニュースも記憶に新しい。
実はここの麺、日清製粉さんと共同開発した小麦粉「傾奇者(かぶきもの)」を使用した麺なのだ。その六厘舎の直営店が、「しゃりん」という名称で武蔵村山にオープンするのだという。

つけ麺
麺はかなり太めで、すごくコシがある。
スープは思っていたよりも甘めで、塩辛いという印象はない。スープ割りしてもらいたいなと思いながらも、結局全部飲んでしまった...。これがデブになる理由である。

ヴィア・パルテノペ
マルゲリータ
お次はピッツァ。
恵比寿などにあるピッツェリア「パルテノペ」が出店しているのだ。
しかもマルゲリータが500円。お店で食べる半額くらいになっているのかな。つけ麺を食べた後だったので、結構無理してたいらげた。
これにプラスしてベルギービールなんかがあれば文句なしなんだが...。

ロール機
最後に屋内展示を見学。
昭和初期に使われていた、小麦粉のロール機が群馬県館林市から運ばれてきていた。解説をうけたものの動力の仕組みがいまいちわからなかった。基本的な構造は現在のロール機と変わらないんだそうだ。

doctor-m
おまけ。
「人の写真ばかり載せて自分を載せないのはズルい。」という声もちらほら。
僕が撮影することが多いから仕方がないのだ。久しぶりに写真を撮られる側になったので掲載しておく。何が楽しかったのか記憶にないが、爆笑中。(素面)

そのくらい楽しいイベントだったということだ。



Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mklabo.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/1264
Listed below are links to weblogs that reference
konaフェスタ 2010。 from mの研究室

Home > 外食 > | 日記 > konaフェスタ 2010。

Search
Feeds
Bookmarks
BOOK LOG

Return to page top