Home > 中小企業診断士 > 管理過程論(ファヨール)。

管理過程論(ファヨール)。

ファヨールは、企業の活動を6グループに分解。管理的活動の重要性について主張した。

  1. 技術的活動(生産、製造、加工)
  2. 商業的活動(購買、販売、交換)
  3. 財務的活動(資本の調達と管理)
  4. 保全的活動(財産と従業員の保護)
  5. 会計的活動(貸借対照表の作成等)
  6. 管理的活動

管理的活動は以下の5つの要素から成り立っている。

  1. 予測:将来を吟味し、活動計画を作成すること
  2. 組織化:企業の物的並びに社会的な二重の組織を構成すること
  3. 命令:従業員を機能させること
  4. 調整:あらゆる活動とすべての努力を結び付けて一元化し、調和させること
  5. 統制:すべての事柄が確立された規準と与えられた命令とに従って行われるよう注意すること

これら理論は「管理過程論」と呼ばれている。

ファヨール H. Fayol(1841~1925)
近代経営の父とよばれるフランス人実業家。



Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mklabo.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/1279
Listed below are links to weblogs that reference
管理過程論(ファヨール)。 from mの研究室

Home > 中小企業診断士 > 管理過程論(ファヨール)。

Search
Feeds
Bookmarks
BOOK LOG

Return to page top