Home > 日記 > 温泉「片瀬館ひいな」@伊豆熱川。

温泉「片瀬館ひいな」@伊豆熱川。

  • Posted by: doctor-m
  • 2012年1月30日 23:44
  • 日記

水蓮
とっても久しぶりに休みを取って、伊豆熱川に温泉に行ってきた。写真はバナナワニ園のハスの花。

<DAY1>

スーパービュー踊り子号
伊豆に行くにはやはり踊り子号。東京駅からスーパービュー踊り子に乗り込む。東京駅から熱川に向かいます。

鯛の押し寿司
長距離列車にはやはり駅弁がつきもの。これは連れが買った鯛の押し寿司。ウマウマ...。

戦国幕の内弁当
こちらは自分が買った「戦国幕の内弁当」。

戦国幕の内弁当
開けるとこんな感じ。戦ってる感はあんまりないようだ。

踊り子号内の生ビール
缶ビールも買ってあったのだが、あっという間に飲み干して車内販売の生ビールをいただく。これは2年前の大学院卒業旅行のときにも飲んだビールだ。車内販売なのにこんなに本格的な生ビールでたしか600円と、良心的な価格だった記憶がある。JR東日本大好きです。

伊豆熱川駅

そうこうしていると今回の旅の目的地である伊豆熱川に到着。東京から約2時間で来られる寂れたリゾート地である。

伊豆熱川駅
伊豆熱川駅はJR東日本や東海の駅ではなく、伊豆急行の駅となっている。伊東駅から先は伊豆急の管轄になるそうだ。

駅前足湯
こういうのがあるとすぐにやってみたくなる性格です。

伊豆熱川
熱川はあんまり見学するところがない。とりあえず駅の脇の川。これが熱川なのかな?

熱川
プシューッと湯気が出てます。さすが温泉地。

バナナワニ園入口
行くところがないので、熱川バナナワニ園を見学。庭師さん上手だな。

マナティー
なぜかバナナワニ園にジュゴンが。人魚さんですか?

バナナワニ園
えっちらおっちら坂を登っていくと、ワニゾーンが見える。ぼくが今いるところは、どちらかというちバナナゾーン?

ウツボカズラ
これはウツボカズラという食虫植物。上の穴にハエなどの虫が入ると抜け出せないようになっている。歩いて登ろうにも、内側はツルツルしていてよじ登ることもできないのだとか。恐ろしや~。

ワニのオブジェ
ここでも庭師のおじさん大活躍。かわいくワニが形どられています。

水蓮
ハス園。ハスの花が本当にきれいに咲いていて、仏教の花になるのもわからないでもない。

水蓮(水色)
ハス。

蓮の葉
こちらもハス。これは子供が乗っても沈まないくらいの葉になるものもあるそうだ。

水蓮(ピンク)
ハス。

オレンジ色の花
これはなんだったか名前を忘れた。でもきれい。

胡蝶蘭
こちらは胡蝶蘭。よく、お店をオープンさせたりオフィスを引っ越したりするといただきますね。

ワニ
本園の醍醐味である、ワニ!やる気なし。

ワニたち
こちらもワニ。ワニの佃煮ができそうなくらい渋滞していた。

ワニの歯
ワニ。いかつい歯ですねー。

恐竜みたいなワニ
ワニ。というかほぼ恐竜。

ワニの佃煮
ワニの佃煮。

バナナワニ
自傷行為に勤しむワニ。

ワニ捕獲器具
たまにワニが脱走することがあるのでしょうか...。

アライグマ
レッサーパンダ。ここではレッサーパンダの繁殖をしているようで、5組くらいのレッサーパンダが飼育されていた。顔がうちの犬に似ていて妙に親近感が湧く。

前菜と先付
今回泊まった宿は「片瀬館 ひいな」さん。ここは、何がいいって、まず広い露天風呂。それに追加料金なしの個室露天風呂。さらに部屋に装備されている露天風呂と、3つの風呂が楽しめる。さらにさらにおいしい料理と。これはその料理の先付。
風呂のプライベート利用がしやすいので、子供連れの家族なんかには非常に便利な宿だと思う。家族で来ると費用がすごそうではあるが...。

鰆のカルパッチョ
これはカジキだったかなぁ。

伊勢海老の刺身
伊勢海老の活造り。

お造り
お刺身。

金目鯛の煮付
金目鯛の煮つけ。この地域の名物ですなぁ。

あわび
あわび。これが柔らかくて本当においしかった。

<DAY2>

朝焼け
おはようございます。

部屋付き風呂
これが部屋の露天風呂。湯加減も勝手だし、誰とどのように入ってもまったく問題なし。朝焼けを見ながら露天風呂につかって本当に贅沢なひと時。

部屋から大島を望む
遠くに大島が臨めます。

朝焼け
遠くに太陽が。

伊勢海老のみそ汁
昨夜の伊勢海老さんですか?

朝食
朝ごはんもいろいろな種類がたくさん出てきて、もうおなかいっぱい。

室内
部屋はこんな感じで狭く写ってしまってますが、2人で行くと広すぎるくらい。

源泉
温泉が湧いてる施設。なんだかすごいです。怖いです。

ハナコ倶楽部ビル
熱川...。地域再生が必要な街の1つかもしれない。

ハナコ倶楽部
30年位前には大活況だったことでしょう。ハナコ倶楽部。当時のハナコはいま何をしているんだろう?もしかしたら絶命しているかもしれないなー。なんて考えていてもしょうがない。ぼくだって30年経って勝手に旅行できるくらいに成長しているのだから、ハナコにだってきっと変化があったことでしょう。

それにしてもなぁ。韓国やら台湾やら香港やらグアムやらハワイに行く方が安かったりするし、海外だからそっちで遊ぶ方が満足度が高いのだろう。みんな、もうちょっと国内旅行を楽しもう!円が高いからって外国に行ってはイケナイ。景気回復のために内需を増やそう。まずは国内の社員旅行を年に1回必ず行わなければならないとか、法改正したらいいんだ、民主党。

射的・ボール投げ
ここはかつて射的とボール投げをやっていたらしい。

ラーメン
ここはかつてラーメン屋さんだったらしい。(いまもやってそうでした。念のため。)

射的とボットル
ここはかつて射的とボットル屋さんだったらしい。そもそもボットルってなんだよ。
ボットルとは。子供だましのボーリングみたいなやつでしょうか。

干物たち
イカが気持ちいいくらいに干してありました。

地魚にぎり
帰りの踊り子号まで時間があったので、お腹がいっぱいだけど寿司を食べてしまった。普段朝ごはんなんて食べないもんだから、宿で朝ご飯を食べたらしっかりと満腹になってしまったのだ。
今回訪問したお寿司屋さんは「三春寿司」さん。昼時の12時半ごろに訪問したのだが先客なし。ぼくらが食事をしているとおそらく医者の仕事仲間での旅行の人々らしい5人組がやってきた。たしか「おまかせ」を頼んだと思うが、これが非常においしかった。

朝ごはんもしっかりいただき、さらに寿司も食べてちぎれそうなくらいに腹がいっぱいなのだが、ラーメン大好きなぼくはお寿司屋さんのとなりの中華屋さん「マダム媛」が気になってしょうがない。ラーメンもちろん気になるだが、店の名前もかなり気になる。電車の時間までまだ少々あるということで、残してもいいからと入ってみた。

ゴキジェット
おやおや?ここはマダムではなくゴキブリが出迎えてくれる中華屋さんですかね。緑と赤のゴキジェット-ツインタワーが悠々とそびえる。クリスマスカラー。調味料とかといっしょに並んでいるのがやばい。

整理整頓
しかし整理整頓というスローガンが掲げられている。ゴキブリが出るから整理整頓なのか、整理整頓ができてないからゴキブリが出てしまうのか。

熱川ラーメン
そして頼んだ名物らしい「熱川らーめん」。これがめちゃくちゃおいしくてびっくり。ゴキブリさえなければもっと繁盛していることでしょう。本当においしい。オススメ。

今回行ったお店:片瀬館ひいな三春寿司マダム媛



Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://mklabo.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/1315
Listed below are links to weblogs that reference
温泉「片瀬館ひいな」@伊豆熱川。 from mの研究室

Home > 日記 > 温泉「片瀬館ひいな」@伊豆熱川。

Search
Feeds
Bookmarks
BOOK LOG

Return to page top