今日は、嶋口充輝先生が研究所長を務める、財団法人医療科学研究所の年1回のシンポジウムだった。
先日、この財団のWebサイトリニューアルをやらせていただき、シンポジウムの様子を速報で掲載&映像も掲載ということで、取材に行ったのだ。
11:30までに入ればパレスホテルのサンドイッチを食べさせてくれるということで、お言葉に甘えて11:30入りを目指して出発。
会場の経団連会館まで丸ノ内線で向かったのだが、電車の中で嶋口先生に遭遇。僕のことなんか覚えていないだろうと思いながらも、声をかけてみると、非常に気さくに世間話をしてくださった。偏屈な大学教授が多いが、嶋口先生は不思議なくらい物腰がやわらかい。本物の大物というものはこうなのか。
13:30にシンポジウムが始まったのだが、内容がかなり難しい。最近では経営学の端っこを勉強しているつもりだが、まだまだ足りないようだ…。