ここのところ立て続けのウッチーネタで恐縮だが、気になったので。
ウッチーとは、僕の大好きな内田和成先生のあだ名(僕が勝手にそう呼んでいる)だが、どうもボストン・コンサルティング・グループ(BCG)を引退されたのではないかと推測する。
【要因1】
先日の研究会で、講演者から「ご卒業おめでとうございます!」と声をかけられていた。
【要因2】
彼のブログで、現在の勤務先は「早稲田大学」と書いてある。
【要因3】
彼のブログのコメントで、親しい方から「BCG 長い間ご苦労さまでした」と書かれている。
別に現役だろうと、退任していようと僕が内田先生を尊敬するのには変わりないのだが、実務を離れてしまうのがちょっと残念な気がする。
彼の名著「仮説思考」内にも、勘やひらめきなどの“暗黙知”を具現化したいようなことが書かれていたので、学者になって研究に没頭する選択をしたのかもしれない。もしもそうであるならば、僕もその門下生になって、彼の研究の一助になれれば光栄だ。
今度お会いした際にでも、真相をたずねてみようと思う。