今日は一橋大学大学院国際企業戦略研究科の入試説明会に顔を出してきた。
国立大学に顔を出すのは、何気に初めてであった。

竹橋にある校舎はとてもきれいで、中会議室に入ったのだがかなりの人。どうやら330名くらいの人が説明会にエントリーしたらしい。先日の早稲田ビジネススクールの2倍強だ。
見てみると意外に若い人が多く、女性は少ない。約1割くらいだろうか。国立大学ということで、私立のビジネススクールの半分くらいの学費で通えるので若い人にも人気があるのではないかと考える。
日本のビジネススクールの平均年齢は38~40歳くらいだが、一橋では32歳くらいの平均年齢だそうだ。
それにしても話が非常につまらなかった。一橋大学はとてもいい大学だと思うのだが、さすが国立、教授陣がかなり地味だ。M&Aコンサルタントで有名な佐山展生氏なども挨拶にいらしていたが、なんだか自分の実務の話を自慢げに話しているだけの印象。(僕だけが感じた感想かもしれないが。)
試験もなく、研究計画書と面接だけで入れるので敷居は低いといえるが、いったいどうなのだろう…?