読書カテゴリを設けたのであれば、やはり記事を書かなければなるまい。
今回よんだ本は『壁を壊す』という、DOWAホールディングス株式会社CEOの吉川 廣和氏が書かれた本だ。なぜこんな本をよんだかと言うと、内田先生のブログでこの本がなかなかおもしろいと書かれていたからだ。
DOWAは非鉄産業を生業とする企業だが、しばらく業績が悪くなり、その経営改革の話がメインとなっている。「壁を壊す」とは、本当にそのままの表現で、まずは社内の風通しを良くしようと、部屋を仕切る壁をすべて壊し、アクセスフリーの環境で仕事を行うそうだ。もちろん役員室や社長室にも仕切りはない形にしているそうだ。
これによって、嫌でも違う部署の人間や、役員たちと顔を合わせることになり、まずはコミュニケーションの活性化につながったようだ。
このような急進的な改革はまわりの統制をするのが大変だったようだ。
特に経営者の方々に読んでいただきたいおもしろい本でした。