先週火曜日の記事で、大前研一をあまり好きではないと書いたが、撤回したい。
というのは昨日、クリスマス・イブだというのに彼の講演映像を見る機会があり、約1時間の講演だったのだが、大前ワールドに引き込まれ、真剣に見てしまった。
彼がリアルに話しているのを見るのは初めてだったのだが、やはり頭がいいのだろう、話が分かりやすく面白いのだ。
特に、Web系の話をしてくれたりもしたので、個人的には分かりやすかった。
ご存知、YoutubeをGoogleが買収した話や、Youtubeの台頭で困っている企業はどこかなど、僕が住んでいる業界の話を、ここまで詳しく知っているとは思わなかったので、勉強熱心な方なんだなぁと感心してしまった。下手すりゃ弊社の営業よりもWeb業界のことに詳しいくらいだ。
さて、Youtubeの台頭で困っている企業はどこか分かりますか?
続きに答えを書いておきます。
大前研一の本を1冊読んでみようかな。

答は有線(Gyao)。
GyaoもYoutube同様、無料で映像を見られるが、はじめに長いCMを見なければならないので、やはりYoutubeに流れていってしまったようだ。
しかし、Youtubeは違法映像で展開されているため、今後の規制が気になるところだ。