今日は取引先の解散パーティーに行ってきました。
この会社との取引が始まったのは、僕が教えていた生徒さんが就職して、それがきっかけでお付き合いすることになりました。
最初の付き合いは昨年の夏ごろ、「先生!使っていたデザイナーが逃げちゃったので、仕事を手伝ってください!」ということで、個人的に仕事を請けるところから始まりました。
その後、昨年の暮れくらいに、うちの会社の案件を相談したりして、法人での付き合いも始まりました。
しかし、それからわずか数ヶ月で解散の方向になってしまいました。
理由を聞いてみたら、経営者と現場の人間とのさまざまな認識のずれで、スタッフたちが自発的に転職活動を始めてみんなバラバラになるそうです。
当たり前ではあるが、現場や経営者にもそれぞれの悩みがあるんですね。ある程度スキルのあるスタッフたちにはそれなりの待遇を提案していかなければ、やはりほかの会社に移ってしまうものですよね。
今回パーティーが行われたお店は、赤坂にある隠れ家っぽいお店で、かなりいい感じでした。普通に行ったらいい値段しそうです。
今回行ったお店:卯左木