嶋口充輝先生。

今夜も内田和成先生と一緒にお勉強をしてきた。
今回のゲストは東京電力執行役員の方で、グループ企業の再編のお話をいただいた。
でかい会社というのは僕には縁がないので、正直あまりおもしろい話ではなかったが、その後の教授陣の質問が秀逸だった。内田先生の恩師でもあり、マーケティングの大家でもある嶋口充輝先生の質問は
「東電にとっていい人材ってどういう人材?」
と超直球である。一般人の僕がこんな質問をしたら、バカにされるか会場からは失笑がもれそうだ。
さすが嶋口先生と感心しながら回答を待っていると、単純な質問ながら答えは難しいみたいで、体育会系で元気のいい人がいいという答えが返ってきた。どこの企業でも同様の回答がえられそうだ。
嶋口先生は慶応ビジネススクール(KBS)の教授で、日本のマーケティングの第一人者だ。エーザイ株式会社の社外取締役なども勤められ、クライアントのTさんとも知り合いだったので驚いた。その嶋口先生がKBSで教鞭をとられているときに、学生だったのが内田先生だ。今では2人とも教授という肩書きで一緒に教育に励んでいる。内田先生の早稲田ビジネススクール(WBS)の授業にも嶋口先生が教えに来るとのことだ。
現在、正式には嶋口先生は法政ビジネススクール(HBS[奇しくも”Harvard Business School”と同じ] )の教授となっている。
嶋口充輝先生プロフィール

コメントを残す

Scroll to top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。