修士論文を無事提出し終え、口頭試問もとりあえず終了し、無事に経営学修士(MBA)の学位をいただけるという内定の連絡も指導教官からいただけた。
2年前のいまごろは、大学院進学にワクワクドキドキとして、相当気合が入っていたと思うんだけど、実際に始まって過ぎてしまうと、2年間という時間もあっという間に終わってしまって、特に論文に関しては中途半端な状態で終わってしまった。
「もっと時間があれば…」と悔いも残るが、これがいまの自分の実力なのだろう。
さて、大学院卒業後は何をしようか。入学時には転職なんかも視野にあったが、いまは時期が悪すぎて、転職はリスクが高すぎる。ただしじっとしていても何も変わらない。
経営学の勉強を延長して、中小企業診断士にでもトライしてみようか。