星野リゾートのケースはMBA通学時代に散々いろいろなところで拝見して、その”おもしろさ”を知っているので、この本も店頭で手に取ってみた。その時には本書の姉妹書である『星野リゾートの事件簿』とともにだ。
経営はよく「アート」&「サイエンス」と語られる。星野社長は自身に「アート」の資質はないと自己分析しているがため、徹底的に経営理論を勉強して実行されているそうだ。
MBAホルダーで「経営に理論なんか役立つわけない」なんて周りから言われてちょっと悔しい思いをされている方や、経営やマネジメントにおいて拠りどころを見つけられずに自信を持てない方たちに読んでいただきたい本である。
僕自身も経営学を学んできたことが間違いではなかったと、さらに背中を押してもらうことができた本である。
偶然にも本書内で紹介されている本の大半を読んでいるのでなおさらである。
この本は星野社長の教科書を紹介する本であるが、僕にはこの本自体が教科書になる。
このような構成にした日経BPの編集さんはさすがだな。