会社の近所で今日も、「なにを食べようかな」と考えながら仲間と散策中に急きょ発見したカフェというか、洋食屋さんというか。店の名は「プチ ラパン」。その店構えは名前のごとく小さなもので、地下に続く非常に小さな間口なのだが、魅力的なメニューの看板が外にきちんと設えてあるので、吸い込まれるように入ってみた。

地下に広がる洋食空間

入り口の引き戸を開けてみると満席。気のよいお姉さんが「ちょっと待っててくださいね」とあいさつしてくれ、3分ほどだろうか待ったところで先客の3人組と入れ違いで入店することができた。メニューは洋食各種あるのだが、もっとも魅力的に映ったカツカレーを注文。

5分ほどしてお目当てのものが到着。なんとカレーは写真のとおり非常に薄い色をしていて、辛さもほとんどなくやさしい味。さすがフレンチといったところか。

洋食メニューが豊富にあるので、複数回通ってみたくなる良店だった。