前々職の仲間と久しぶりの麻雀。前回は昨年末だったので、一か月ぶりということで、さほど久しぶりでもないか。

みんなの集まりが悪く、結局3半荘しかできなかったのだが、その中で四暗刻をあがることができた。

配牌からいけると確信

配牌の段階ですでに二暗刻が手元にあり、あれよあれよ暗刻が増えていき、わずか8巡目でテンパイ。7筒と8索のシャボ待ちになったのだが、これは場に1枚も出ていないので、確実に四暗刻を上がれると確信。巡目も早いので出ても見逃すつもりでいた。仮にロンで上がっても、ご覧のとおりドラもある。

  • リーチ(1)
  • タンヤオ(1)
  • 三暗刻(2)
  • 対々和(2)
  • ドラ3(3)

の倍満の破壊力がある。裏ドラをめくらなかったのでわからないが、これで裏ドラが重なれば最低でも2枚乗ることになるので三倍満も期待できるいい手だった。