仕事納めのタイトルで、つい先日もブログ記事を書いた気がするが、早いものでそれは1年も前の話である。
よく1年を象徴するものを漢字1字で表すことをするが、清水寺では2008年の象徴は「変」であったようだ。
僕自身を象徴する漢字は「考」の1年だったのではないかと思う。今年1年は本当によくものを考えたような気がする。大学院のことは言わずもがな、会社のこともそうであるし、自身のこの先のこともいろいろと考えさせられる1年だった。
いずれにしても今年もいい年だった。来年もきっといい年であるに違いない。楽天的な僕が自由に過ごしているのだから。
We can change! Yes, we can!