殺人犯が著者となっている本を読むことを善とするか悪とするかという議論もあるようだが、本編には関係がないことなので、ここでは触れない。
殺人を犯して、ひたすら逃げなければならないという強迫観念にとらわれている人間の行動というのは、僕らの想像をはるかに超越していた。こういうことをできるから、人を殺せるのか、殺してしまったからこういうことができるのか判断に悩むところだろう。
しかしながら、日に日に感謝や懺悔の気持ちが大きくなっていて、殺人犯である前に、人の子なのだなと思った。
このような作品を残すことで、事件を風化させることなく、再発防止になることを祈るばかりである。